2016年05月20日

日本でフィリピン料理やスナック菓子が食べられるお店!


Weng's Kitchen ウエンズ キッチン

東京・八王子、京王線北野駅すぐ近くです!

フィリピン留学をしようと思った一つのきっかけとなったお店です。

以前は自宅がすぐ近くだったので頻繁に通ってました。

wen-500-1.jpg

このお店のママさんがフィリピンの方なので

本場のフィリピン料理が頂けます。

l500.jpg


フィリピンのビールはもちろん

JINROとかもあります。

San Miguelサンミゲルビール
Red Horse Beer レッドフォース
dr500.jpg


料理以外もフィリピンから輸入している

お菓子や生活雑貨なども置いてありますよ。


僕はよくサンミグライトとチキンアドボを食べてました。

sanm500.jpg


明るいママさんで

こちらが話しかければ

いっぱいお喋りしてくれます。

日本語はもちろん話せるのですが、

日本語よりか英語の方が達者な方なので

フィリピン料理を頂ながら英会話も出来てしまうお店です。



日本ではなかなか食べられないバロット-balut-

ここで初めて食べました。

バロットは必ずお店にあるとは限らないようなのですが

運が良ければ食べれるかもしれません。


Chow Ling Pancit Canton
チョウリン パンシットカントンchow500.jpg


食事やお酒を楽しめるのはもちろんですが、

フィリピンのお菓子やインスタント麺、

日用品なども置いてあるので

お店に入るとフィリピンの雰囲気を感じられます。

m500.jpg


チチャロン(Chicharon)
c500.jpg



Pancit Canton
ca500.jpg



Bar Nuts
Hany chocolate
Muncher Green Peas
sn500.jpg


Boy Bawang
bo500.jpg


スナック菓子やチョコレートなど色々あります!





banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

食あたり ベータマックス

ベータマックスの話の続きです。

ベータマックス
betamax.jpg
Image Source: travel eat fun

betamax1.jpg
Image Source: Zoom in, Philippines!



僕が話を聞いていた先生は

ベータマックスがとっても好きだったらしく

夕ごはんの前なのに

4串、平らげたそうです。

とっても美味しかったらしく

大満足だったそうですが…


しばらくしてから

お腹が痛くなり

熱も出て

どういう訳だか歯茎が腫れだして

翌日まで大変だったと話してくれました。



日本だったら「食中毒だ〜!」ってことで

大騒ぎになりそうなことですが、

当人は

「たぶん、新鮮じゃなかったんでしょ!」

と、さらりと、言ってのけました。


「こんなこと何度も経験しているわよ!」って感じです。

たくましいです!


ストリートフードを食べる時には

多少のリスクは覚悟しているみたいです。


ですが、

「また、食べる?」

と、聞くと

「しばらくは食べたくない。」

と、言ってました。

やっぱり相当辛かったのでしょう。

多少は懲りているみたいでした。


留学などで初めてフィリピンに行った場合

興味本位でストリートフードを食べてみるのも

楽しい経験ではありますが、

運が悪いと

お腹が痛くなっちゃうかもしれません。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

フィリピン大統領選 ドゥテルテ氏当選

「フィリピンのトランプ」とも呼ばれている

ダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長(71)が初当選されたようです!


2016フィリピン大統領選挙

引用元:ウィキペディア、Philippine presidential election, 2016

Rodrigo Duterte
Rodrigo_Duterte_(2009).jpg


この度、ご当選された

ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte)さん 

「犯罪者は殺す」といった過激発言や

「ダバオ・デス・スクワッド(Davao death squads)」

通称:DDSという、

私兵を組織し実力行使をすることで、

結果的にダバオの治安を回復させたスゴイ人


そして、

今回の選挙期間中も

「就任したら腐敗した官僚や警察は皆殺しにする」

「人権に関する法律など関係ない」等と

過激な発言を繰り返していた。


当然、反感はあったのでしょうけど…


今までの貧困や汚職など、

改善されない体制に不満を持った国民からは特に人気がありました!


なので、当選しました!

おめでとうございます。


ダバオに条例として門限を作ったように、

フィリピン全土にも門限が作られるのでしょうかね?

そして

「ダバオ・デス・スクワッド(Davao death squads)」ならぬ

「フィリピン・デス・スクワッド(Philippines death squads)」

「PDS」


組織されるのでしょうか?


本当に貧困や格差、汚職がなくなり

治安が良くなるのなら素晴らしいことですよ!

ホントに!



現在アメリカではドナルド・トランプ氏の優勢な状況、

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ氏の当選、

結局のところ、

過激な発言、そして劇的な変化を待ち望んでいる人が

少なくはないと言うことなのですね。



フィリピン景気回復しますかね?

フィリピン不動産も高騰したりしますかね?

南シナ海の領有権問題!

どうなるのでしょう?


とにかく、

国民が安心して暮らせる

平和な世の中になってくれることを願います。






banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン大統領選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする