フィリピン留学APSE

2013年12月25日

バスの中にて

道中、夜中だというのに道沿いに人は多く、

しかも特に目立つのが子供達だった…

彼女、(名はアンジォ仮名)に聞くと彼らはストリートチルドレンだと言う。

事前にフィリピンの事情は調べてはいたがこんなにも、

夜中まで子供達が多いのには驚かされた。


アンジョとの会話にも慣れ

不安が少しずつ薄れていく中、

途中のバスステーションに停まった、

僕はすっごくトイレに行きたかったけど、我慢した…


(機内では隣に座った白人男性のせいで一回しかトイレに行けなかったし…
不安でいっぱいだった空港ではもちろんトイレには行けてない…
しかもバスはめちゃめちゃ寒い…
そして、荷物から離れがたい状況になる…四重苦)


バスが停まっている間に、

何か物を売る人が勝手に、数人乗り込んで来て

仕切りに何か叫んでるし、

バスの中はかなり騒がしくわけのわからない状態になった…


ここではごくごく当たり前の事のようだけど、

警戒心がビンビンの僕は

当然荷物から離れることなんてできない。


暑いと聞いていたフィリピンでいきなり、

予想外の寒さを経験し、

しかも道中約四時間トイレを我慢し

膀胱をこれでもか!ってくらい膨らませて

やっと学校の近くに着き

バスを降りた。

(歩くのも辛かった…)



売り子の人がバスの中で売っている物

チッチャロン(豚の皮フライ)やピーナッツ(ガーリックで炒めたもの)
バナナキュー(バナナを揚げて砂糖をかけたお菓子)、ペットボトルの水など色々で
その時に乗り込んでくる売り子さんによってさまざまなものが売られます。

チッチャロン(豚の皮フライ)
       ↓



フィリピンの人は

そのままはもちろん、

酢や醤油をかけて食べたりします。

僕もいただきました。


フィリピンの雑貨や食材を扱っている

知り合いのお店で買うことができるので

帰国した後もたまに買って食べたりします。



こちらは知り合いのお店ではありませんが

ネットでも買えるので興味のある方は

試してみてはいかがでしょうか!?







banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


【関連する記事】
posted by study-abroad at 14:02| Comment(0) | 学校への道中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: