フィリピン留学APSE

2014年01月23日

痛風発作と水問題

大汗を掻きながらもなんとか

子ども達の前で自己紹介を終え

自分の部屋兼、教室に戻った

授業の準備と思って外のウォーターサーバーの所に行き

空のペットボトルに水を汲んだ。



その時、悪知恵が浮かんだ!ひらめき



そうだ!

お風呂の時、

最後に頭と体を流すのと、コンタクトを洗うのだけは

この水を使わせてもらおう!

グッドアイデアexclamation×2


ただ、この辺りの人は飲み水以外はみんな

井戸からの水を使っているのだから

ウォーターサーバーの水はこっそりと

拝借しなくてはいけないと思い、

大変だが、ペットボトルに水を汲み

少しずつバケツに移すことにした。


これが僕の毎日の日課になった。

(数日後に悲しい出来事が起こるが…)

バケツ3.jpg


ある日、僕がペットボトルに水を汲み

何度もウォーターサーバの場所と部屋を行き来していると

アンジョに

「どうしてそんなに水を飲むんだ?」と聞かれた

その時僕はとっさに

「痛風だから、水をたくさん飲まなければならないんだ!」と言って

その場をやり過ごした。


ここでワンポイントレッスン!

痛風は英語で【gout】

普通の人は

おぼえても使う機会はあまりないかな〜



痛風に関しては嘘ではなくて

26歳の頃に初めて痛風の発作があり

それから何度も激しい痛みと戦っている。

医者からもなるべく水を沢山飲んで

尿を出すようにと言われていたので

アンジョに対してすぐに言い訳ができた。


実際に僕が痛風と言うことで

その場しのぎの

言い訳も完全な嘘っぱちではない。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:52| Comment(0) | 水問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: