フィリピン留学APSE

2014年01月27日

子ども達の声と授業内容

雑談を挿みながらではあるが

午前中の授業を集中してやっていたので

かなりお腹が空いてきた。


そんな時、アンジョが昼食を運んできてくれた!

お腹が空いていればなんでも美味しい!


子ども達は校庭でグループごとにお弁当を食べていた。


一緒にランチ.jpg
中庭でお弁当を食べる子ども達


食べ終わると、高学年はボール投げやバトミントンをして

低学年の子ども達は追いかけっこをして

キャーキャー騒いでいた。

子ども達はどこに国でも一緒で賑やかだ〜


子どもは苦手だが

子ども達が楽しく遊んでいる声を

聞くとなんだか癒される。


子ども達1.jpg



まぁそう考えると、この学校

なかなか良い環境だなと思う。

お風呂問題を除けば…


子ども達の声を聞きながら

僕は1人教室で昼食を食べていた。


昼食を済ませると、またアンジョがやってきた

今度は午後の授業をする先生を紹介された。

午後の授業は24,5歳の女性の先生が担当するらしい。


アンジョから後に授業の進め方や内容に関して

きちんとした説明があり

今後のプランについては話すのだが

初日の授業を受けるまでは

アンジョからは授業のプランなどを

全く聞いていなかったので、

いったいどのような授業が行われるのか

この時点では把握していなかった。

授業の中で僕の英語力を測り

それからプランを立てるつもりだったらしい。

実際、普通の会話を英語でしているだけで

僕にとっては十分勉強になっていたので

多くは望んでいなかったのだけど、

学校側としては

限られた留学期間中になんとか

多くを学んで欲しいということのようだ。


初めはとんでもない所に来てしまった…

ダメだこりゃ〜って

思ったが

いろいろ良い面が見えてきた。



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: