フィリピン留学APSE

2014年02月17日

先生がもつ日本人学生に対するイメージ

僕が授業中盤からかなりイライラしていたことは

ジョイ先生は全く気付かなかったようだが

感情の起伏がジェットコースターのように激しかった

午前中の授業を終えた。



午後の授業は昨日の女の先生達の他に

もう一人、学校外から先生が来ることがあった。

その先生はアンジョの友達でエフ先生!

アラフォーだった。


先日の女の先生二人もかなり厳しいな〜と感じていたのだが

この学校外から来る先生は桁外れに厳しかった。


彼女は他の学校で

韓国人留学生の英語の先生もしていると話していた。



授業の内容はTOEICの問題や長文読解が主だったが、

普通の長文読解ではなく、

その長文を読んだ後、自分の意見を求められたりする。

これがまた、かなりためになったと思う!


午後の授業はこの女性三人の先生がローテーションで受け持ってくれた。


※フィリピンには韓国資本の英語を教える学校が各地に点在している

韓国は日本よりも英語教育に関しては進んでいて

かなり多くの韓国人学生がフィリピン留学をしてます。


エフ先生に日本人の生徒と韓国人の生徒って違いますか?

と聞いたところ、日本人の多くはとても礼儀正しいと言っていた。

礼儀正しいの意味の裏を返せば

自己主張をあまりせずに遠慮している人が多いのだろうと思う。


その反面韓国の人は学習に関して貪欲なのかもしれない。


僕が日本人だから気を使っているのかもしれないけど

全体的なイメージは日本人の方が良いと言ってました!


iphone 537.jpg
僕が滞在中はフィリピン国旗と日本の国旗が並んで揚げられていた


数日後、エフ先生と先祖の事に関して話した時に

衝撃的な話を聞いた…

日本人に対するイメージは決して良いものばかりではなかった。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ティーチャーf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック