フィリピン留学APSE

2014年02月23日

鉄の掟を破ってしまうか?守るべきか?

命の水とは「八海山」

日本から「八海山」を持ち込んでいたことをふと思い出した!

そうだ!

こんな時は酒だ!

酒だ!

酒だ〜〜〜!

酒の力に頼るしかない!

酔っぱらえば眠れるはず!

酔いは僕を心地よく眠りに誘うだろう!


八海山1.JPG
僕にとっては命の水


ところで

何故、日本酒を持ってきていたかと言うと

フィリピンにはない物、

特に日本を感じられる物を

お土産として持って行くと

とっても喜ばれると

出発まえにフィリピン人の友達から

聞かされていたので日本酒を持ってきていた

ところが

到着してすぐ、

ふとした会話の中で

アンジョはお酒が嫌いだということを知った

なので

「八海山」をあげたところで

喜ぶどころか

嫌がらせになってしまう!


当然アンジョがお酒を嫌っているので

校内では飲酒厳禁!

と言う鉄の掟がある。



だが…

いくら飲酒厳禁だからといって

今はそんなことにかまっちゃいられない!

これは僕にとって生きるか死ぬかの問題なのだ

今このルールを守り、

お酒を飲まなかったら

明日どうなるか分からない…


ここは「八海山」を飲んで

この危機的状況を乗り切るしか策はない!

が…



八海山
救世主 ハッカイサン 登場!


本当にどうする?

誰も見てないことをいいことに

「ルールなんて破るためにあるんだ!」と

第二次反抗期の中学生みたいなことをいって

飲んでしまうのか?

それとも

ルールを守るために

「これは日本からのお土産だよ!」といって

渡したところで喜ばれないこの「八海山」をあげてしまうのか?





banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


【関連する記事】
posted by study-abroad at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック