フィリピン留学APSE

2014年02月27日

子ども達とのコミュニケーション! そして…衝撃の

虫をもっている振りで驚かすイタズラだが

10回も20回も同じことをやられているうちに

さすがの僕も慣れてきて、そんなにビックリしなくなっていた。

ところが…

子ども達は僕のリアクションが薄くなっているのにもかかわらず

相変わらずバカうけしてくれる!

まぁ嫌な気分はしないのだけど

彼らよりも少しばかり先に生まれている僕は

さすがに彼らよりも先に飽きる

ただ…

彼らがまだ楽しんでいるということは

僕もいつまでも驚いたふりをしなくてはいけないのか?

それが僕に課せられた義務なのか?

それとも僕が楽しんだ振りをしているので

子ども達も義理でバカうけしてくれているのか?

疑問は深まる…


そんなこんなで

お互い?

苦笑い混じりの不毛なやり取りが続いた。



どこの国でも一緒で子どもという生き物は

同じことを何度も面白がり

もう一回やって〜

もう一回やって〜

と何度も言ってくるもである。

フィリピンの子ども達も

例外ではなかった。


通学子ども2.jpg
僕の部屋の外でぐるぐる回る My friends


子ども達部屋.jpg
休み時間に僕の部屋に遊びに来る My friends



そして…

いつものように先生達とアイスを食べて

自分の部屋に戻った。


その時、すでに外は暗くなっていた

部屋に入ると同時に電気を点けた

その時

ふと…

視界に何かが映った…

んっ?

何か見えたような気がするぞ!?

と思い…

床から



そして

天井に

目を向けたその時!!!


衝撃的なものが目に飛び込んできた
exclamation×2exclamation×2exclamation×2




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック