フィリピン留学APSE

2014年03月11日

真夜中のジプニーに乗り込んで!

夜中のうちから出発するには理由があって

アンジョはバギオに着いたらいろいろ見せたい場所があるらしく、

バギオに到着する時間を6、7時くらいを予定していた。



ターラックからバギオまでは

渋滞していなければ3時間半から4時間らしい、

到着してからの計画は面倒なので詳しくは聞いていなかったが、

アンジョ曰くバギオは高地なので寒いくらいだから

長袖を忘れるな!と

しきりに言っていた。



2時に起き、2時半には学校を出てから幹線道路まで歩き

そこでジプニーを停める

昼間よりも多少台数は減っているようだがジプニーは24時間走っていた。



ジプニーに乗り込み、

近くの大きなバスターミナルに向かった。

夜中のジプニー車内は暗くてかなり怖かった…

全員ギャングに思えた、もちろん全員ギャングではない。

でも夜中のジプニーにひとりでは絶対に乗れない。



怖い思いはしたが無事にバスターミナルに到着!


このバスターミナルで、

バギオ行きのバスを待つこと

なんと約1時間!


バギオ行き.jpg
バギオ行きのバス


10分おき位にバギオ行きのバスは来るのだが、

どのバスも満席で乗ることができない。

どうなっちゃっているんだ?

バギオはみんながどうしても行きたくなってしまうような

そんな素晴らしい場所なのか?

この時点ではどうして来るバス来るバス、

全部満席なのかわからないでいた…



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック