フィリピン留学APSE

2014年03月18日

ぼったくり

例えば、

馬に乗って記念写真を撮るサービスをお願いした時に、

初めにおっちゃんは

「馬に乗って写真を撮るのは30ペソだよ!」

と言うので30ペソ払って一枚撮ってもらうと

今度はおっちゃん

頼んでもいないのに帽子を貸してくれたので

その帽子をかぶってもう一枚写真を撮ってもらうと、

さらに30ペソ請求されました。

帽子代が30ペソで馬が30ペソです!

合計60ペソです。




今回僕は

写真を一枚撮るのに30ペソ&帽子で30ペソ払わされましたが、

実はこの馬との記念写真、ワンショット10ペソなのです。

近くに看板があって、その看板に

「馬と一緒に記念写真ワンショット10ペソ」

と書いてありました。

消えかけて見にくくなっているのも

作戦なのでしょう!


10peso.jpg
Picture Taking On The Horse P10.00 Per Shot


僕はあっさりぼったくられました…



金額どうこうよりもとにかく

やりくちが狡いのです。



ホントちゃっかりしています。

おかげでとても素敵な記念写真を撮ることができましたけど…



バギオ乗馬.jpg


バギオ乗馬2.jpg
30ペソの帽子


新世界にいそうなおっちゃんが

フィリピンにはたくさんいます。

すべての人ではないかもしれませんが

このようなおっちゃん達は人を見てお金を取っているようで、

ちょっと油断するとすぐに調子に乗ってきます。



料金なんて決まってないようなものみたいなので、

ある程度の事は覚悟して相手しましょう!

心にゆとりがあれば何でも楽しめます!

僕もお酒が入っていたらもっともっと楽しめたのですけどね…



民族衣装.jpg
イゴット族の民族衣装



他にも

サングラスをかけているセントバーナードと一緒に記念写真撮るサービスや

民族衣装を着させてもらって写真を撮るサービスもありましたが

素面の僕はキテレツな馬との記念写真の件で

すでにお腹いっぱいになっていたので

両方辞退させてもらいました。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バギオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック