2017年01月27日

フィリピンの闇金は日本の闇金とちょっと違う!?

フィリピンの闇金・高利貸し(Loan Shark)は恐くない?

7500c3d6bf08ef36a56e00e68daafdbd_m.jpg


日本でも最近よく耳にするドゥテルテ大統領が
Loan Sharkを撲滅しようとしているという
ニュースがフィリピン国内で報道されたようです。

Rodrigo_Duterte_(2009).jpg


僕がこのニュースを
フィリピン人講師から聞いた時にまず思ったのは、
Loan Sharkにお金を借りている方や
取り立てに苦しめられている方は
さぞかし喜んだことだろう!と、
思ったのですが、
実際はそうではなく、
お金を借りている人は
Loan Shark撲滅に反対している人が多いと言うのです!

どうして!?

Loan Sharkがいなくなると困る?

お金を借りている多くの人は生活費のかなりの割合を
Loan Sharkに頼ってしまっているのが現状なのです。

509953.png


従って、
Loan Sharkが居なくなってしまうと
お金を借りることが出来なくなってしまい、
結局、
彼らの生活が成り立たなくなってしまうのです。
なので、
Loan Shark撲滅に猛反対しているのです。

普通に考えて
「Loan Shark=高利貸し・闇金・サラ金」
なのですから

575178.png


そもそも、そのようなところからお金を借りなければ良い
と、思うのですが、
Loan Sharkにお金を借りている人の殆どが
銀行の様な違法でない金融機関で
お金を借りることができない人だったり、
銀行でお金を借りる為に
たくさんの書類を書くのが面倒だったりする人達なのです。

Loan Sharkからお金を借りる場合は、
名前とどこに住んでいるかを教え
ちゃんと仕事をしているかを
確認できれば簡単にお金を貸してくれるのです。
誰かの紹介などでもお金を貸してくれる場合もあるようです。

とにかく後のこと(高い利息)は気にせず、
とりあえずその場しのぎのお金をすぐに
借りられるのがLoan Sharkなのです。

大概、
Loan Shark達は店を持たず、
街中でバイクに乗って「お金貸すよ〜!」と
近づいてくるケースが多いようです。
当然、書類など面倒なものは必要無し!

利息は大体20%くらいだそうです。
なかなかいい商売です。

闇金(Loan Shark)日本とフィリピンの違い

日本の闇金は期日に返済できない場合、
取り立てが酷かったり脅されたりと、
かなり恐いイメージがありますが、

フィリピン人講師曰く
Loan Sharkを街で見かけることは頻繁にあるが、
殆どの人はフレンドリーで恐い雰囲気ではないと言ってました。

Loan Sharkが本当に恐い存在なのか?
そうではないのかは、
実際にお金を借りている人
それぞれの状況によって違うと思うので
はっきりとしたことは言えませんが、
とにかく日本の闇金のイメージとはちょっと違うようです。

無店舗で甘い言葉で近づいてくるところは
日本の場合と似ているとも言えますが、
大きな違いはフィリピンの闇金は
基本的にいつもにこやかでフレンドリーな人が多いらしいのです。

そして、
借りている側も高い利息を取られているにもかかわらず、
騙されている感が無く
Loan Sharkと付き合っているようなのです。

実際は仕方なく付き合っているのだとは思いますけど…。

ちなみに、
返済できない場合はテレビやパソコンなど
家財道具を持って行かれることもあるようです。

日本では主婦の方も闇金に手を出す人がいますが、
フィリピンの場合、
主婦が闇金からお金を借りるケースは少ないようです。
一見ユルユルのフィリピン闇金ですが
基本的に仕事の素性がわからない人にお金は貸さないのです。

そして、フィリピンの闇金の多くはインド人です。

フィリピンのLoan Sharkに関してと、
ドゥテルテ大統領の方針に関して、
よくよく聞いてみると、
Loan Sharkの存在自体に関してはOKだが、
お金を貸す際には貸主と借主は
しっかりとした手続きをして
契約を結び
違法ではないやり方で行うように!
と、いうことのようです。

とにかく、
違法なLoan Sharkを排除しよう!

と、いうのがドゥテルテ大統領の意図なのです。

契約事となれば書類が必要になり、お金を借りるハードルが高くなります。
結局、借りたくても借りられない人が増えるので、
しばらくすればまた同じような繰り返しになるような気がしますが、
少しずつでも良い方向に変動していくことを期待します。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ




posted by study-abroad at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン高利貸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック