2014年01月27日

子ども達の声と授業内容

雑談を挿みながらではあるが

午前中の授業を集中してやっていたので

かなりお腹が空いてきた。


そんな時、アンジョが昼食を運んできてくれた!

お腹が空いていればなんでも美味しい!


子ども達は校庭でグループごとにお弁当を食べていた。


一緒にランチ.jpg
中庭でお弁当を食べる子ども達


食べ終わると、高学年はボール投げやバトミントンをして

低学年の子ども達は追いかけっこをして

キャーキャー騒いでいた。

子ども達はどこに国でも一緒で賑やかだ〜


子どもは苦手だが

子ども達が楽しく遊んでいる声を

聞くとなんだか癒される。


子ども達1.jpg



まぁそう考えると、この学校

なかなか良い環境だなと思う。

お風呂問題を除けば…


子ども達の声を聞きながら

僕は1人教室で昼食を食べていた。


昼食を済ませると、またアンジョがやってきた

今度は午後の授業をする先生を紹介された。

午後の授業は24,5歳の女性の先生が担当するらしい。


アンジョから後に授業の進め方や内容に関して

きちんとした説明があり

今後のプランについては話すのだが

初日の授業を受けるまでは

アンジョからは授業のプランなどを

全く聞いていなかったので、

いったいどのような授業が行われるのか

この時点では把握していなかった。

授業の中で僕の英語力を測り

それからプランを立てるつもりだったらしい。

実際、普通の会話を英語でしているだけで

僕にとっては十分勉強になっていたので

多くは望んでいなかったのだけど、

学校側としては

限られた留学期間中になんとか

多くを学んで欲しいということのようだ。


初めはとんでもない所に来てしまった…

ダメだこりゃ〜って

思ったが

いろいろ良い面が見えてきた。



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

Kuya(クーヤ)アンドAte(アテ)

ところで

先日の初対面の時からだったが

僕はここでkuya(クーヤ)と呼ばれている。


kuyaとはお兄さんと言う意味のタガログ語で、

フィリピンではみんなが

ファミリーのような意識をもって人と接するらしく

年上の男性をkuya(クーヤ)と呼び

年上の女性をate(アテ)と呼ぶ

実は学校経営者のアンジョよりも

僕は年上なのでこの学校に滞在中

ほとんどの人(他の先生や学校に通ってくる生徒達)に

kuyaと呼ばれた。

聞いたことのない呼び方で呼ばれるのは

正直違和感があった。


僕よりも年上だったのは

プリンシパルのおばちゃん先生と

学校の用務員さん的な

仕事をしていたおばちゃんだけ。

二人ともとっても優しいおばちゃんでした。




シナモン&リュウタ.jpg
部屋の外ではシナモン(犬)&リュウタ(猫)も待っている!


ドアをノックする音と一緒に「kuya!」と

呼ぶ声が外から聞こえた。

アンジョが朝ごはんを持ってきてくれた。

「よく眠れたか?」と聞かれたが

「よく眠れたよ!」と嘘をつくのも嫌だったのと

適切な言葉がとっさに浮かばなかったので

あいまいに濁し、その場を軽く受け流した…


もちろん冷静に考えれば

返答ができないわけではないのだけど

まだまだすぐには適切な表現が

頭に浮かばない。


自分の英語力のなさを

このような軽い触れ合いの中で

気づかされた。

まぁとにかく気づくことが大事である!


自分が苦手なところや

わからないところもわからなければ

対処の方法すら見つけられない。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

授業が始まる日の朝

昨晩と同じく壁の裏では追いかけっこが始まり

どこからともなくヤモさん達が現れる

暗いうちからニワトリはフルパワーで鳴いているし

変なラッパの音も聞こえる。

夜はこの環境に慣れなくてはいけない…


幸い、僕の最大の敵

ゴキブリとは御対面していない!

ヤツがいつ現れるかは不安だが

とりあえず今のところは無事

聞いた話によると

フィリピンのゴキブリは物凄くデカイらしい!

子ども用のスリッパぐらいだろうか?

考えるだけでも恐怖だ…


写真 (2).JPG
ヤモさん
ヤモリ1.jpg
黒メガネ


そんな不安な夜を過ごしながら

やっとのことで朝が訪れた

結局ほとんど眠れないので、

空が明るくなってくるのは

とても嬉しかった。


かなり寝不足ではあったが

2月のフィリピンの気候はとても快適で

朝は特に涼しくて気持ちがいい。


平日、授業のある日の起床時間は6時前後


授業初日の朝はとても天気がよく

日本の真冬の時期に一か月間も

夏を満喫できるなんて

素晴らしい!

朝の写真.jpg


さぁ今日から授業!頑張ろう〜!

天気が良かったので

気分も自然と晴れやかになった。
posted by study-abroad at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする