フィリピン留学APSE

2014年03月08日

小さな小さなタオルケットの不思議 

金曜日は神父さんが来てくれて

神聖な儀式が行わた後

いつも通りの授業が始まります。


午前の授業はメールが大好きジョイ先生

そして午後は三人の女性の先生が交代で授業をするのが定着していた。


毎日7,8時間のマンツーマンレッスンを受けられ、

さらに日常会話もすべて英語なので

たった一週間の滞在でもかなり英語力はアップします!

ただこの初めの一週間は

僕にとって試練の一週間でしたけど…


朝食.JPG
朝食 パンとラザニア風のフィリピン家庭料理とメロン 必ずフルーツは付いてます!


学校での生活は規則正しくてとても健康的

毎日の朝礼&ダンス、

そしてみっちり授業を受け

休み時間や昼休みには子ども達と一緒に遊び体を動かしているので

夜も自然に眠れるようになった。



ただ、この国では布団や毛布は存在しない!

布団や毛布がないと断言してしまうのは

語弊があるかもしれないのだけど…


滞在期間中、

僕に与えられた寝具はベッド&枕の他は

タオルケット一枚

そのタオルケットがまたまた大問題で

ピンと伸ばしても僕の体全部を覆いきれないくらいのサイズ。

おそらく長い方の一辺が150センチ位しかなかったと思う。

誰が見てもこのタオルケットは子供用ですね!と言うだろう…

そんな代物がぽつねんと

ベッドの上に小さくたたまれて置いてあった。

どう考えても小さすぎる不思議なタオルケットの存在…



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

本気で助けを求めたが…

もうこの問題は僕一人では解決できない!

そう確信した。

そしたらすぐに行動だ!


勉強机.jpg
大クモ出現大事件はこの部屋で!


いいおっさんがクモ一匹

どうすることも出来ずにあたふたして

女性に助けを求めるなんて本当に情けないのだが、

ここはアンジョを呼ぶしかないと思い

部屋を出た。



アンジョの母屋の頑丈な鉄の扉をノックし

「Help me〜〜〜〜」

と申し訳なさそうに言った…



アンジョは

僕が急に助けを求めてきたことで

なにかとても重大な問題が起きたと思ったらしく

真剣な顔つきで

何が起きた?

どうした?

と聞き返してきた!


正義感が強いアンジョは

僕の身に何事が起きたのかを早く聞き出そうと急き立ててくる

アンジョの心配に匹敵するぐらいの重大問題が

今の僕に降りかかっているのは

まぎれもない事実なのだけど…


アンジョの面持ちがあまりにも真剣すぎたので

少しばかり気まずくなった…


が…


ここまで来てしまったので引き返すわけにもいかないし

引き返したところで、

あのビッグスパイダー問題を一人で解決するのは絶対に不可能だ!


なので、僕は


「クモが…居て…それで〜助けて欲しい」と

普段以上の片言の英語で言った…




すると突然…



アンジョは吹出し、腹を抱えて大笑いした!

数秒前までは真剣に僕のことを心配してくれていた人とは思えないくらいの変わりようだ…


実際、アンジョは本当に心配してくれていたので

僕のあまりにもどうでもよい話を聞いた途端に安心し

さらにおっさんのダメさ加減に呆れたのだろう…


クモ.jpg
10センチ以上あるように感じたクモ


ただ僕もうすうすわかっていた…

そのようなリアクションをされることは。


あなた達はクモなんてこれっぽっちも怖くないかもしれないですけど

僕にとっては重大な問題なんです、ご理解いただきたい!



とにかく

「僕も協力をするのでなんとかそのクモを部屋の外に追い出してくれないか?」

と頼んだ。


そして…



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

日本から持ち込んだ命の水&ヤモリの鳴き声

ところで

相変わらず眠れない夜は続く…

さすがに睡眠不足過ぎる

しかも疲労もかなり溜まってる…


外の騒音や壁の裏から聞こえる賑やかな音と

同居中のヤモさん達にも

もういい加減慣れてもいい頃だろ!と

自分でも思うのだが

まだまだどうしても気になる…

全然慣れることができない…

このまま眠れない生活を続けることは不可能だけど

なにかこの問題を解決できる方法を見つけるか

少しでも気にならなくなるきっかけが欲しかった。



その時

日本から命の水を持ってきていることを思い出した!


写真 (2).JPG
同居中のヤモさん!



※とつぜんですがヤモリって鳴くの知ってますか?

ヤモさんと同居し始めて3日位経ったある日

ネコやネズミの鳴き声ではない変な音が聞こえる事に気づいた

その音はなんだか気持ち悪いし、しかもうるさい

正体がわからなくて、余計に気持ち悪いと感じていたが…



ふと、ヤモリが鳴くと言うのを思い出した!

この音ってもしかしてヤモリなの?

じっと聞き耳を立ててみると


鳴いた!

やっぱりヤモリだ!

「ヤモさん泣いていたんだね!もう泣かなくていいんだよ!悲しいことなんて何もないよ!

気持ち悪いからお願いだから泣かないで!」

と心で呟いた。

が、やっぱり昼夜かまわず鳴いていた

疑問は晴れたが気持ち悪いのは変わらない…



まぁ謎の音が謎ではない音になっただけでも

よしとしなければいけないのでしょうけど…



ちなみにこれが毎日のように僕が聞いていたヤモさんの鳴き声です!
             ↓



動画はバリで撮られたものなのですが、バリのヤモリもフィリピンのヤモリも

同じ鳴き声です。



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする