フィリピン留学APSE

2016年03月07日

【ハンバーグやきとり】って何だ?

レッスン中のちょっとした雑談の中で

先生が

「つい最近クラークにできた焼鳥屋さんに行ったよ!」

と話してくれたので


36694f7abb8470fc7985b8523895bd1d_s.jpg


僕は普通に

「どうだった?」

「不味かった?」

「食あたりしなかった?」

「大丈夫?」

などと聞いていたのですが、

先生は「ハンバーグやきとりが特に美味しかったよ!」と…

ハンバーグやきとり???

僕が思い浮かべたのは、ハンバーグが串刺しになってる絵。

想像力の乏しい僕は咄嗟に正解が導くことができなくて、

「何それ?」と聞いてしまったのだけど、

彼女が説明してくれたのは、

タレがかかって生卵が添えられている

【つくね】でした。


c0e72b90719edb0a45df23e6d32e57bb_s.jpg


フィリピンでは【つくね】を一般的に

ハンバーグやきとり】と呼んでいるかどうかは知らないが

なかなか面白い発想です!

そもそもハンバーグって呼ぶこと自体が

日本的な表現ですし…。


ちなみに、一本100円前後らしいので、

値段は日本とそんなに変わらないようです。





banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

皿割りレストランでストレス解消!? -Isdaan- Smashing Plates

イズダアン-Isdaan-Smashing plates.jpg
おもいっきり皿を壁に投げつけて割ってみよう!


皿を壁に投げつけてストレス発散できる

面白そうなコーナーがありました!



このようなものがあるのは以前、

テレビでも紹介されていたので知ってはいたのですが

ここイズダアン-Isdaanにあるとは知りませんでした。


Isdaan-plate.jpg
はたしてストレス解消になるのか!?


折角なので僕もやってみました!

投げるものは皿だけかと思っていたのですが、

投げられるものは

時計、テレビ、花瓶、ツボ

などがありました。



それぞれに値段が付いていて、

投げたいものを買って投げるシステムになってます。


イズダアン-皿割り.jpg
テレビを投げたらとりあえず目立ちます!


ちなみにテレビを投げるのは1000ペソ、

日本円で約2000円です。

喧嘩をした時に物を投げたくなる人や

怒るとすぐに物に当たる傾向がある人は

ストレス解消になると思います!




僕も皿を数枚、

壁に投げつけて割りましたけど

なんだかもったいないな〜と言う気分にしかなりませんでした。



まぁでも…

自分の家では勇気が必要で

気軽にはできないことなので良い経験ができました!




音楽とダンス、そして食事と皿割りを楽しんで

店を出たところでバスが通るのを待っていた時に

またもや衝撃的なモノを見てしまいました!

フィリピンに来てもう何度も驚かされていますが、

本当にビックリすることが多い国です。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

バロット-balut-とペノイ- penoy-の違い



「バロット」は無いのだけど

「ペノイ -penoy-」という「バロット」に似たものが

あると言うので

しかたなくそれを注文してみました。



「ペノイ」は無精卵で「バロット」は有精卵です。

なので「ペノイ」は中にちっこいアヒルがいないので

「バロット」と比べると、

さほどグロテスクではないのでチャレンジしやすいです!



Isdaan-p.jpg
ペノイ -penoy-


「ペノイ」も「バロット」も基本はストリートフードなので、

普段はシンプルに殻を剥いて

塩を掛けて食べるらしいのですが

このレストランの「ペノイ」はちゃんと殻も剥いてあり

特製ソースで味付けがされていたので

普通の料理として食べられました。

ただ、

かなり硬い個所がありその部分は食べられませんでした、

白身が変化したものらしいのですが一体アヒルのどの部分になるのでしょう…。

気になります。

そして

もうひとつ気になるのが、

フィリピンの人はどうして卵を少しだけ孵化させるという、

中途半端な段階を食べるのか?

どうして?

しかも誰がこんな食べ方を始めたのか?

初めの人はとても勇気が要ったことでしょう…。



※元々はフィリピンではなく中国から有精卵を食べる風習持ち込まれたのが始まりのようです、
そしてペノイもバロットも孵化させることで栄養価(タウリン)が高くなるらしいです。


アルコール無しの食事を終えて

帰ろうとしたのですが…





banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする