フィリピン留学APSE

2014年02月27日

子ども達とのコミュニケーション! そして…衝撃の

虫をもっている振りで驚かすイタズラだが

10回も20回も同じことをやられているうちに

さすがの僕も慣れてきて、そんなにビックリしなくなっていた。

ところが…

子ども達は僕のリアクションが薄くなっているのにもかかわらず

相変わらずバカうけしてくれる!

まぁ嫌な気分はしないのだけど

彼らよりも少しばかり先に生まれている僕は

さすがに彼らよりも先に飽きる

ただ…

彼らがまだ楽しんでいるということは

僕もいつまでも驚いたふりをしなくてはいけないのか?

それが僕に課せられた義務なのか?

それとも僕が楽しんだ振りをしているので

子ども達も義理でバカうけしてくれているのか?

疑問は深まる…


そんなこんなで

お互い?

苦笑い混じりの不毛なやり取りが続いた。



どこの国でも一緒で子どもという生き物は

同じことを何度も面白がり

もう一回やって〜

もう一回やって〜

と何度も言ってくるもである。

フィリピンの子ども達も

例外ではなかった。


通学子ども2.jpg
僕の部屋の外でぐるぐる回る My friends


子ども達部屋.jpg
休み時間に僕の部屋に遊びに来る My friends



そして…

いつものように先生達とアイスを食べて

自分の部屋に戻った。


その時、すでに外は暗くなっていた

部屋に入ると同時に電気を点けた

その時

ふと…

視界に何かが映った…

んっ?

何か見えたような気がするぞ!?

と思い…

床から



そして

天井に

目を向けたその時!!!


衝撃的なものが目に飛び込んできた
exclamation×2exclamation×2exclamation×2




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

子ども達の前での失言でとんでもないことに…

子ども達の質問攻めにあい

またまた大汗をかいてしまった。


手をあげる.jpg
手をあげる子ども達!


早くこの辱めタイムを

終了させたかったのだが

「お前は以前日本で何をしていたんだ?」

と聞かれて

思わずsingerと言ってしまい


今度は子ども達の前で

カラオケやギターもなくアカペラで

歌を唄うことになってしまった…


singerと言うのはまんざら嘘ではないのだが、

英語で「売れてないシンガー」

という言葉がとっさに思い浮かばなかったので

日本では有名なシンガーかと

勘違いされてしまったかもしれない…



このシンガーだったという発言のせいで

滞在中に何度もアカペラで唄わせられることになった。

もちろんノーギャラです。


正確に自分の言いたいことを伝えるのって

本当に難しい…

そして勘違いされたままだと

本当に厄介なことになります。


ここでも英語力の無さを痛感しましたふらふら


ちなみにこんなの歌ってました!
     ↓



ジョイ先生の授業は毎日行われていたので

次第にお互いに慣れてきて

授業の合間にはいろいろな話をした。


難しい文法の授業も為にはなるのだろうけど、

自然な会話力を身に付けることが

今後の英語学習には一番役に立つように思えた。




そしてある日、

朝からジョイの携帯にメール着信音が鳴った…

その時に僕は思った!




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

アウェーの洗礼! 子ども達の前での試練

何やらアンジョとジョイが話していた

僕の事らしい。


そしてまた今日もジョイとの授業が始まるのだが

先ほどアンジョとジョイが相談していた内容と言うのは

授業の一環として

幼稚園生から高学年の子ども達の各教室で

僕が日本の何という街から来て、

どこでバスや飛行機を乗り継ぎ

この学校まで辿り着いたかを

細かく英語で説明しろと言うのだ!


人前で話すことが大の苦手な僕は本当に困った…


日本語で話すのも緊張してしまうのに

今回は英語である。

無理難題過ぎる!



だが…

完全にアウェーなここでは

絶対にNO!とは言えない雰囲気。



仕方なく子ども達の教室に行く前に

ジョイの前でリハーサルを何度かして

子ども達の前で話した。


チビッ子達.jpg
チビッ子達


低学年の子ども達は、

ガヤガヤざわざわしながらも

聞いてくれたのだけど、


僕の話を聞いた高学年の子ども達は

僕が東京から来たと知って

何故だかとても興味を持ったようで

立て続けに質問を浴びせかけてきた、

高学年の子どもともなると発音もよく、

話すスピードもとても速い。



聞き取るだけでも精一杯なのに

返答する英文を頭の中で組み立てるのが半端なく大変だった。


ただ、

子ども達の質問と言うのは

普通の大人がする質問とは少しばかり種類が違うので

応え慣れている返答では対応できない為、

かなり勉強にはなったと思う。


子どもとの日常的な触れ合いが英語で出来るのは

この学校のメリットです!!!




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 子ども達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする