フィリピン留学APSE

2016年05月20日

日本でフィリピン料理やスナック菓子が食べられるお店!


Weng's Kitchen ウエンズ キッチン

東京・八王子、京王線北野駅すぐ近くです!

フィリピン留学をしようと思った一つのきっかけとなったお店です。

以前は自宅がすぐ近くだったので頻繁に通ってました。

wen-500-1.jpg

このお店のママさんがフィリピンの方なので

本場のフィリピン料理が頂けます。

l500.jpg


フィリピンのビールはもちろん

JINROとかもあります。

San Miguelサンミゲルビール
Red Horse Beer レッドフォース
dr500.jpg


料理以外もフィリピンから輸入している

お菓子や生活雑貨なども置いてありますよ。


僕はよくサンミグライトとチキンアドボを食べてました。

sanm500.jpg


明るいママさんで

こちらが話しかければ

いっぱいお喋りしてくれます。

日本語はもちろん話せるのですが、

日本語よりか英語の方が達者な方なので

フィリピン料理を頂ながら英会話も出来てしまうお店です。



日本ではなかなか食べられないバロット-balut-

ここで初めて食べました。

バロットは必ずお店にあるとは限らないようなのですが

運が良ければ食べれるかもしれません。


Chow Ling Pancit Canton
チョウリン パンシットカントンchow500.jpg


食事やお酒を楽しめるのはもちろんですが、

フィリピンのお菓子やインスタント麺、

日用品なども置いてあるので

お店に入るとフィリピンの雰囲気を感じられます。

m500.jpg


チチャロン(Chicharon)
c500.jpg



Pancit Canton
ca500.jpg



Bar Nuts
Hany chocolate
Muncher Green Peas
sn500.jpg


Boy Bawang
bo500.jpg


スナック菓子やチョコレートなど色々あります!





banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

食あたり ベータマックス

ベータマックスの話の続きです。

ベータマックス
betamax.jpg
Image Source: travel eat fun

betamax1.jpg
Image Source: Zoom in, Philippines!



僕が話を聞いていた先生は

ベータマックスがとっても好きだったらしく

夕ごはんの前なのに

4串、平らげたそうです。

とっても美味しかったらしく

大満足だったそうですが…


しばらくしてから

お腹が痛くなり

熱も出て

どういう訳だか歯茎が腫れだして

翌日まで大変だったと話してくれました。



日本だったら「食中毒だ〜!」ってことで

大騒ぎになりそうなことですが、

当人は

「たぶん、新鮮じゃなかったんでしょ!」

と、さらりと、言ってのけました。


「こんなこと何度も経験しているわよ!」って感じです。

たくましいです!


ストリートフードを食べる時には

多少のリスクは覚悟しているみたいです。


ですが、

「また、食べる?」

と、聞くと

「しばらくは食べたくない。」

と、言ってました。

やっぱり相当辛かったのでしょう。

多少は懲りているみたいでした。


留学などで初めてフィリピンに行った場合

興味本位でストリートフードを食べてみるのも

楽しい経験ではありますが、

運が悪いと

お腹が痛くなっちゃうかもしれません。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

BETA-MAX(ベータマック)という名の…食べ物、価格は? 味は?


街を歩いていると

さまざまな種類のストリートフードが

売られているのを見ることができます。

行かれたことがある方は、

実際に食べたことがあるよ!

っていう人も多いと思います。


そんなストリートフードの中で、

バロットの次に手強いと思ったのは、

ベータマックス!(BETA-MAX)

30代後半から40代以降の方はベータと聞いて

すぐにピン!とくるかもしれません

そう!

あのVHSよりもコンパクトで流行るか〜!?

と、

思われたが

結局VHSに市場を奪われてしまった、

悲しきBETAMAXです。


そのbetamaxに形or色が似ていると言うことで

シンプルにベータマックス!と呼ばれている食べ物なのです。


960-sony-betamax-tapes-kids-today-will-never-know-what-they-were.jpg
Image Source: Bidnessetc.com


Betavhs2.jpg
Image Source: wikipedia


ネーミングセンスが独特過ぎ!?

と、思ってしまう反面、

フィリピンの方のこのユーモアセンス!

素敵です!憧れます!



バロットはアヒルが中途半端に孵化したものですが、

これは、鶏や豚の血を搾り取って

ゼラチン状にし、ベータマックスのような形にしてから、

串に刺しバーベキューのように焼いたものです。

微妙な見た目です。

ベータマックス
betamax.jpg
Image Source: travel eat fun

betamax1.jpg
Image Source: Zoom in, Philippines!


気になる味は

レバーです!

そして、

価格は驚きの

2ペソ〜3ペソです。

安い!

地域によって価格は変化すると思うので

マニラやセブなどはもう少し高いかもしれませんが

それにしても、日本円で5,60円です。


これをあてにでホッピー飲んで

1000円以内でベロベロになれます!

お得です!


フィリピンでは昼間っから

あてもなくフラフラしている人や

お腹を出してお昼寝をしている人を

見かけることが少なくはありませんが、

原因はこのような魅力的なものが

格安で売られていることも

その理由の一つなのかもしれないと

勝手に思ってしまいました。



ある日、

様々なストリートフードの話を

先生に聞いていると…。

「そりゃ〜当然だよね!」

というお話を聞くことができました。

つづく。⇒たくましいお話し。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ



posted by study-abroad at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン食文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする