フィリピン留学APSE

2014年07月16日

生きるために…

子ども達に

「お金をちょうだい」

と言われた時は

頭の中で咄嗟に

様々な要因や

お金の行く末などを

考えられなかったのが

正直なところなのですが…



今思えば

安易にポケットの中の

お金をあげてしまったのは

軽率だったのかと思います。



以前、

マニラ湾近くで目撃した

ひったくり犯の少年達

先生達が遭遇した強盗犯

犯行に至ってしまった背景には

フィリピンの貧困の問題があるのです。



明るい未来を期待できないから、

悪いことだとわかっていても

犯行を犯してしまいます、

生きるために…




犯罪を犯してしまう子ども達も犠牲者です。

ゴミ捨て場の子供達.png


僕一人の力ではこの子ども達を救うことはできませんが

現状を知ってもらうことだけでも

一歩前進なのかなと思います。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ストリートチルドレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

ストリートチルドレンにはお金をあげちゃダメ!?

僕の場合、

涙さえ溢れませんでしたが

このような子ども達を目の当たりにした時に、

何もしてあげられない無力さを感じるのと同時に

世界にはこのような子ども達が大勢いて

助けを必要としているということを身をもって知り

それがとても悲しくてたまりませんでした…



子ども達はそこの生活から逃げ出すすべもわからず、

劣悪な環境の中で同じ毎日を生きてます。



ゴミ捨て場の子供達1.jpg


アンジョは帰りのバスの中で

改めて先ほどの子ども達への対応や

彼らの置かれている状況について話してくれました。



僕が子ども達の事を可哀想って思う気持ちは理解できるけど

子ども達にお金をあげても大人にお金を巻き上げられるか、

自分達でタバコを買ってしまったりドラッグを買ってしまったりして

結局、飢えをしのぐことはできないから、

もしまた子ども達に何か求められた時には

お金ではなく食べ物をあげて欲しい。と、

日本人がその場しのぎの同情心でお金をあげても、

悪循環であって子ども達の為にはならないと教えられました。



他にも

生まれたばかりの赤ん坊を抱きかかえて涙ながらにお金を求めてくる

女の人がいるのですが、

赤ん坊は自分の子どもではなく

誰かが生んだ赤ん坊を借りて、

同情心を煽りお金を稼いでいる人もいると教えてくれました。

赤ん坊は使いまわしにして、

いろいろな女の人が可哀想なお母さん役を演じ

お金を恵んでもらっているのだと…



とにかく様々な方法でお金を恵んでもらうことを考えてます。

赤ん坊は0歳から働かされてます。



banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ストリートチルドレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

ストリートチルドレンにお金をあげる行為

アンジョは

僕が子ども達に

お金をあげているのを見て

「お金をあげたらダメ!」と言うのです。


マニラ市場2.jpg


バスケ少年.jpg


そんなこと言われても

僕はあの子達を目の前にして、

無視することができなかった!

と言うと

アンジョは

日本人は子ども達が可哀想だと思って

すぐにお金をあげてしまったりするけど

それは逆に子ども達にとっては良くない事だと…


iphone 166.jpg


以前、

アンジョの学校に滞在していた日本人留学生も

ストリートチルドレンに遭遇したことがあり

その留学生はストリートチルドレンを目の当たりにした時に

日本では考えられない

この国の子ども達の状況を知り

ショックのあまり涙が止まらなかったと話してました。




banner.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ


posted by study-abroad at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ストリートチルドレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする